2017年12月17日

「右脳の空手」よみました。

20171217a.jpg


こんにちは。12月第3日曜日 ですね。(はやぃ〜っ。)

考えないといけないことや、するべきことが、
たくさんたくさんある師走。

なんだけれども
面白い本につぎつぎ出会ってしまって、
半身浴(読書しながら)の時間ばかりがどんどん増えているこのごろ。
しごとのあとの、おふろのじかん、それはわたしの至福のじかん。

半身浴の読書のじかん。
お風呂で読むと、湿度で紙がよれよれ〜に弱ってしまうので
図書館の本は不可。
友人から借りた本も不可。
そして、だいじな、たからもの的な存在の本も不可。
なので、お風呂で読む本は、おのずと限られてきて
このごろは、おもに、からだ関係の、
からだづくり関係の本が多いので
まなびのじかん的な要素も多いのですが

うん。今週のお風呂のお伴は、じっつに面白い本でした。
【心を使う右脳の空手 (筋力を使わずに相手を倒す) 
                大坪英臣 著 (風雲舎)】

これは、武術空手に関する著書だけれども
これはもう、どんなモノゴトにも置き換えて考えられるテーマであって
いろんな意味で、ほんとうにわくわくしました。

どんなジャンルのモノゴトも、つきつめていくと、
最終的には、精神世界のお話しになるのかなって
つねづね思っているのだけれども
そのことを
言葉で表現するのはほんとうに難しく
「魂で」「心で」「右脳で」「愛で」「インスピレーションで」
そんな言葉を安易に使い始めると、
そのモノゴトのジャンルによっては、なんだか、ちょっと、
違ってきたり。かえって伝わりずらいものになったり。
そしてたぶん……
いろいろなジャンルで、そこにたどり着いた人たちの多くは
もっとそこを極めることに気持ちをつかい、忙しくもあり、
その領域のことを、人に理解されるべく説明したりはせずに 
「わかる人には、いつかわかるから」 みたいな気持ちに
なってしまうんじゃないかなぁって
思っていたのだけども
そこのところがね、
この著者さんは、そこのところを
もう、懸命に、全力で、わかりやすい表現を探して、
空手の世界にはかかわりのない人たちにも
伝えよう伝えようと力を尽くして説明してくれている。

そして、
東京大学名誉教授という肩書きを持つ著者さんが
「魂で」「愛で」「心で」相手を倒すという、
その体験から得た感動やよろこびを、惜しげもなく
せつせつと綴られていて、
その著者さんの武術空手との(その師匠との)
運命の出会いに立ち会っているような気持ちにもなり
そうゆうところも、すぱらしく。

(そしてとにかく、かっこよかった)
(著者さんではなく、著者さんが崇める師匠の館長さんが、とにかくとてもかっこよく)
(だいまんぞく)( ^^)


*

では、今週の「からだのじかん」の予定です。
皆さまの心身が、よりよい状態で、より良いお年越しをできますように、
こころをこめて今週のからだのじかんに向かいます。
よろしくお付き合いくださいね。

○ 12/18月 ジョイフィット苫小牧【60】(12:00〜)
∞ 12/18月 豊川コミセン自力整体サークル【90】(19:15〜)
★ 12/20水 札幌ヨークカルチャーセンター琴似【90】(15:00〜)
★ 12/21木 札幌カルチャーセンター平岡【75】 (14:30〜)
● 12/22金 ココトマstudio【70×2】(09:10〜)&(10:40〜) 
○ 12/22金 ジョイフィット苫小牧【60】(19:15〜)
○ 12/24日 ジョイフィット苫小牧【90】(13:30〜)(←時間が変更になっています) 


※ 2018年1月12日より、ココトマ教室の時間帯が変わります。
金曜日午後クラスも新設されます。
お気軽にお問合せくださいね。 
  (ショートメール・SMSもお受けできます→ 090-7651-0334 )
posted by さいとう at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記